熊本工場

自社設計から施工まで

バキュームインフュージョン工法のFRPボックス桁橋やNETIS登録されている簡易基礎の製作、幅広い研究開発などが熊本工場で日々行われています。


バキュームインフュージョン法構造物製作

オランダの企業とライセンス契約をし、取得した独自の技術によって製作します。この工法が活かされる弊社の代表的な構造物としてボックス桁橋があります。また、その他船舶構造物、幅広い分野に使用できる平板成形品なども製作可能です。

優美な曲線の橋体が特徴の橋梁で、強靭・耐腐食・対塩害・軽量性に優れています。現場では一括架設が可能です。

隔壁、甲板など船舶構造物をバキュームインフュージョン法で製作することにより、従来のハンドレイアップ工法と比べ軽量で強靭性のある製品の製作が可能です。


簡易基礎(ダイアモンドピア)製作・試験

国土交通省の新技術情報システム(NETIS)に登録されている簡易基礎工法の土台を100%自社で製作しています。この土台に対する各種試験も試験機関に依頼、実施し安全な製品製作に努めています。

研究開発<バキュームインフュージョンボックス桁橋の載荷試験>

2m×12mの実験橋を用いて兵庫県工業技術センターとの共同研究の一環として各種載荷実験を行いました。

 

半載荷での計測

 

 全載荷時(8.4トン載荷)


■ご案内

通常は熊本工場は非公開ですが、事前にご予約いただきますと工場内のご案内をさせていただきます。(ご見学いただけますのは弊社へ発注をご検討されていらっしゃる団体・企業様に限らせていただきます)

ご希望の方は熊本工場もしくは本社までお問合せください。