点  検

木橋点検士の有資格者による数多くの実績に基づき、適切な検査方法による点検を実施しています。

■点検方法の種類

木材の点検には、目視・触診・打診等の特殊な工具を必要としない定性的な点検と、応力波伝播速度・穿孔スラスト・超音波・電磁波レーダー等測定機を必要とする定量的な点検方法とがあります。


■応力波速度測定機について

測定原理

打込み専用センサーに衝撃を加えると発生するエネルギー(応力波)が受信用センサーに到達するまでの時間(μs)を測定します。健全材の場合は、伝達スピードが早いので伝播時間は小さくなり、腐朽している部材では、伝達スピードが遅くなるので伝播時間は大きくなります。


用途

遊具、公園施設、デッキ等木製構造物の腐朽診断。

材質は杉、桧等の国産材からボンゴシ、イペ等のハードウッドまで木材であれば何でもOK。


測定器具

FAKOPP(ハンディタイプ応力波速度測定機)



特徴

測定機が軽量、コンパクトなので非常にハンドリングがよい。再現性が高く、測定個人差もほとんどありません。超音波と違い、測定表面が不陸であっても測定できます。


測定例

測定機の打込み専用センサー側にハンマーで衝撃を加えるだけで簡単に測定することができます。

下表に杉丸太とボンゴシ材における測定例を紹介いたします。