維持管理

木製施設の維持管理で最も重要なのは、設置当初から計画的に維持管理を行うということです。目視で異常を確認できる段階では、既にかなり腐朽が進行しており、手遅れになる場合がよくあります。設置後、早い段階から定期点検などの維持管理を行うことをお勧めいたします。当社では数多くの経験より、その施設に応じた適切な維持管理業務を定期的に実施しています。

■腐朽診断

 調査状況


■腐朽診断の報告書