簡易基礎工法

ピンファウンデーション

この工法は遊歩道・桟橋・展望デッキ等小規模構造物を対象した簡易基礎工法です。小口径のスチールピンを地中にある角度をもって打込むことによって構造物の支柱に必要な支持力を持たせる工法です。

2010年2月にこの工法は、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録されました。

 

 


ロックファウンデーション

軟弱地盤から硬質地盤にいたるまでさまざまな地盤に適応できるピンファウンデーション工法が唯一岩盤だけはピンが打込めず適用できませんでした。この問題を解決するため、試験研究を重ねた結果、開発されたのがロックファウンデーション工法です。

 

 


スリーブパイル

この工法はフェンス・防護柵・看板の基礎工法です。従来の基礎工法では箱抜きされたコンクリートブロックを地中に埋め込むのが一般的でしたが、このスリープパイルは地盤面からハンディタイプの電動工具で打込むだけで施工ができます。また、鋼管先端に特殊プレス加工を施してあるので、鋼管内部への土砂の侵入が少なく、支柱を設置する際に土砂を取り除く作業は発生しません。

 

 


各基礎のアプリケーション

 Application1

重機が進入できない場所

 


Application2

自然環境を守りたい場所

 


Application3 

貴重な動植物が棲息している場所

 


Application4

急斜面地で通常基礎では設置の難しい場所



 Application5

湿地帯で通常基礎では難しい場所

 


Application6

水の抜けない場所

 


Application7

砂地等で通常基礎では設置の難しい場所


Application8

重要な史跡や大切な樹木がある場所



Application9

他の基礎工法では難しい場所での施工例

Application10

ロックファウンデーションを用いた施工例

Application11

スリーブパイルを用いた施工例